①とにかくまずは必ず110番

 

ケガをした場合、乗り物が故障した場合は警察に連絡しないと保険が使えません。

 

警察による交通事故の証明がないと保険金が支払われない場合が多いので必ず警察に連絡しましょう。

 

②交通事故現場の記録をする

 

事故をした後に余裕があるのであれば、警察とは別で自分でも写真で記録しておくといいです。

 

信号や一時停止、優先道路など。

 

③相手の情報

 

まずは車の所有者の確認をしましょう。運転手と所有者が違う場合があります。

 

名前、連絡先、ナンバー、車検の期限、任意保険の有無(任意保険の社名)

 

※車検が切れた車の場合は自賠責保険(強制保険:相手がケガした場合に使う保険)が使えません。

 

※当院でも年に何人か相手が車検切れの車に乗ってるケースがあります。

 

あと可能であれば相手との会話を録音しておくと、その後の言った言ってないなどのトラブルを防げます。

 

④自分の加入している保険会社に連絡する

 

示談交渉になったときにスムーズに話し合いができ、後手、後手に回ることを避けられます。

 

⑤目撃者の確保

 

目撃者がいればその人の名前、住所、連絡先を聞いておきましょう。

 

その人と利害関係のない第3者であれば、警察や保険会社に信用されることが多いです。

 

事故を起こした後にする事

⑥医師の診断書をもらう

 

事故によるケガは、当日よりも日が経ってから痛みが強くなることが良くあります。

 

その場では軽傷だと思っても、後から重症だったと分かることもあるので早めに病院に行きましょう。

 

⑦交通事故証明を受け取る

 

警察に事故の届出をして、自動車安全運転センターから交通事故証明を受け取ります。

 

さらに自分の契約保険会社に連絡しておきましょう。

 

交通事故に遭ってしまって何も知らないより、これを見て事故に遭った時に備えておくと安心かもしれません。

 

もう事故に遭ってしまった方も今からできること、今後できることがあるので参考にしてください。

 

 

【九州初!予防・姿勢・体質改善の専門院】
産後・マタニティケア、骨盤矯正、猫背矯正、姿勢改善、交通事故対応、交通事故治療、むちうち、肩の痛み、腰の痛み、スポーツ外傷に強いつかもと整骨院

住所:福岡県福岡市城南区梅林2-26-20

電話番号:092-866-4211

塚本 泰造

梅林、七隈、片江、南片江、西片江、金山、長尾、別府、城南、鳥飼、堤、堤丘、田島、野芥、田隈、重留、入部